インバウンドで、未来を開く

改めて「インバウンド」とは何か考える

まずはじめに、多くの人が思い違いをしているということを注意をしておきたいと思います。それは、インバウンドというものの意味である。日本を訪れて観光することとインバウンドを同じように考えている人が多いのではないでしょうか。日本を訪れる旅行者数が急上昇していますというテレビ報道を耳にすると、 その全ての旅行者の目的が観光客であると捉えがちだからではないでしょうか。しかし、実際には異なり、その数字は狭まい範囲のインバウンドに他なりません。 広くインバウンドを捉えるには、もっと大きな視野でインバウンドを考えていく必要があるのではないでしょうか。インバウンドとは「イン」と「バウンド」の二つの言葉に分けられます。バウンドの意味としては「~に向かう」というように考えるのが分かりやすいでしょう。つまり、こちらに向かってくる人・物・お金・情報であると言い換えることができるでしょう。そう定義づけてみると、観光の他にも、仕事や、オリンピックなどの大会での来日もインバウンドとして考えられるでしょう。ある機関の調査によると、日本にはかなりの数の留学生が勉強をしていることが分かっているが、彼らもまたインバウンドであると言えるでしょう。そして、彼らがそのまま日本で職に就くケース、また、その他の理由で移住してきた人たちも合わせて、広くインバウンドと呼べるでしょう。それ以外の例をあげるとすれば、海外向けのネット通販なども、海外からお金がダイレクトに日本国内に入ってくるという点ではインバウンドと呼べ、また、それと同様に日本の会社や不動産などへの投資も、大きくインバウンドというものに含まれるでしょう。

●関連サイト「インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリー

外世界と日本の現状

こちらでも先に、多くの間違いを正していくことから始めましょう。先にも記述しましたが、観光は、インパウンドを考えたとき、ごく一部に過ぎないとしました。しかしそもそも「観光」というものは何かということを考えてみましょう。日本語では「観光」という言葉が「旅行」という言葉に置き換えられることもあり、実状を解りにくくしているように思われます。レジャーを目的とする観光だけではなく、仕事やスポーツの国際大会、また短期であれば留学も旅行というカテゴリーに属すると言えるでしょう。つまり、多くの国際機関などや観光局の発表している数値は、これらの幅広い「旅行」を含めた数だと言えるでしょう。多くの場合、この認識の違いによって、正確な実状を把握できていないのではないでしょうか。 インバウンドを振興させるには、MICE(マイス)の誘致と獲得が大きなポイントとなるでしょう。MICEとは、Meeting・Incentive tour・Convention・Eventの頭文字を取った造語であり、それぞれ、会議、研修旅行、国際大会、展示会など、企業単位で行われる大きな集客の見込めるものであり、当然「観光」と言えるでしょう。 MICE誘致国として世界を代表する国は、各国の代表が参加するイベントが多く開催され、大きな国際機関の本部などが拠点としてあるということも、観光客数や収入に大きく関連しているからと言えるのではないでしょうか。もちろんMICEの誘致を見据えた活動に力を入れているための結果でしょう。しかし、日本ではまだ国際機関の誘致や、大型イベントを開催している地域・自治体は少ないのが現状だと言えるでしょう。